Our Story

5世代に渡って継承されつづけるノウハウ

Our Story

5世代に渡って継承されつづけるノウハウ

すべては1885年の暑い夏に始まった

19世紀後半、日本が明治時代を迎え国を挙げての近代化に向かっていた頃、フランスではロマン主義の文化が花開き、産業革命の進展と共に自然科学が目覚ましく発展していました。

1885年、「レ・ミゼラブル」を書いた文豪ヴィクトル・ユーゴーがパリで死去し、国葬によって葬られました。プジョー社が、自転車を開発し、量産体制に入ったのもこの頃でした。

しかし、なんといっても特筆すべきは1885年のフランスの夏が大変暑かったという事。
パリのカフェのテラスではあまりの暑さに、涼を求める人たちが集っていました。
そしてアンジェでも…

Giffard Origins
Giffard Family

その頃、アンジェの薬剤師エミール・ジファールは、植物と、植物が持つ消化作用に強い関心を持っていました。

中でも注目していたのが香り高いミッチャムという種類のイギリス原産のミントでした。
町の中心地のエミールの薬局の前にはル・グラン・ホテルがありました。
ある日、ホテルの支配人がエミールにこう話しかけます。
「お客さんたちが大変暑がっている。なにか出来ないだろうか」…

そこでエミールはミントを使ったリキュール、ミント・パスティーユを開発。
その洗練されたクリアでフレッシュなテイストは瞬く間に評判となり、早速ル・グラン・ホテルで採用され、その後町中の有名カフェでも提供されるようになったのです。
カフェのテラスのテーブルではミント・パスティーユと氷、または炭酸水が並ぶ風景がどこでも見られるようになりました。
ある夜、エミールは妻のビクトワールへこう語りました。「薬局を閉めて、蒸留所を作ろうと思うんだ」・・・

こうしてリキュールとシロップのパイオニア、ジファールが誕生したのです。